news・更新情報
コウハウジングについて
コウハウジングとは
つくり方
アメリカのコウハウジング例
Q & A
会員募集
特定非営利活動法人
コウハウジング・パートナーズ
法人概要
プロジェクト
業務内容
著書・ニュースレター
スタッフ
経歴
設立趣旨
リンク
コウハウジング・パートナーズは「オープンに楽しく!そして自立と共創」がモットーのフラットな組織です。そんなスタッフのメッセージです。
アイバ マリコ
饗庭 真理子

1962年生まれ
カノウ ユミ
加納 由実

1977年生まれ
建築デザインを主にイラストマップづくりなどやってきました。コウハウジングには専門家として、住人としてまちづくりを視点にいれながら仕事・生活・子育てと色々丸ごと楽しんで取り組めたらと思っています。
四国出身で、大学入学と同時に横浜に移り住む。今は息子(猫)の翔くんと二人暮らし。実家に住んでいた頃の、ご近所さんとのさかんなお付き合いを、この横浜でもできたらいいなと思っている。
 
キムラ ヒロコ
木村 ひろ子

1945年生まれ
キムラ ヤスヒロ
木村 安浩

1970年生まれ
10年前からコミュニティのある暮らし方を実現しようと活動して来ました。今、日本初の参加型コレクティブハウスの住人となり、その実体験と30年間の職能としての住まいづくりを生かしながらコウハウジング・パートナーズが創る暮らしを広げていきたいと思っています。
いろいろな街をぶらぶらし、うまいものを食べ歩き、街をあーしたいこーしたいと妄想してれば結構幸せな大阪生まれ。コウハウジングも街をあーしたいこーしたいと思う中の大事なひとつと思ってます。
 
ツチヤ サダオ
土谷 貞雄

1960年生まれ
ツユキ ヨウコ
露木 洋子

1949年生まれ
2002年6月にアメリカ、コウハウジングを見に行く。コミュニティーのありかたに感動。今後の建築家の大きなテーマはコミュニティーをどうつくれるかが鍵ではないかと感じた。建築家としてだけでなく、自分自身も住むために入会しています。
30年以上建築設計の仕事を続けてきた。どの家も引き渡しの時は喜んでもらえたが、個人の家だけ良くても何か『もの足りなさ』を感じるようになり、「人育て」を伴う『コウハウジング』に惹かれる。
 
ナカザワ エリ
中澤 えり

1975年生まれ
ニキ ケンイチ
二木 憲一

1947年生まれ
米国で仕事をしていた折 The Cohousing Co.(米コウハウジング社)を知り興味を持つ。その後インターンとして同社に勤務した。学生時代に行った同潤会アパート調査が「共に住まう」ことに関心を持ったきっかけ。
理想の生活は、起きたいとき起きて、食べたいときに自分の好きなものを作って食べる。DVDを見て、本を読む。怠惰な生活なのですが、実態は好奇心が強く、じっとしていることができないで、貧乏暇ナシの日々をいきています。
 
ハセガワ トシヤス
長谷川 歳恭

1949年生まれ
ホリタ サトコ
堀田 佐都子

1953年生まれ
東京生まれで今は川崎に住む。どこに住んでいても公園巡りをしていた自分に気が付く。比較的大家族で、親戚一同がやがやの雰囲気で育ち、コウハウジングを目指す源となっている。仕事は建築の構造設計関係。
1988年に知人より情報をもらったのがコウハウジングとの出会いの始まり。
実際に見に行ったのは95年と超スロースターターですが、愛犬ぷりんをコモンドッグにすべく、息長く活動を続けていきたいと思っています。
 
マツモト カオル
松本 薫

1947年生まれ
ミヤタ ノブオ
宮田 信夫

1949年生まれ
住まいに対する考え方は年代や家族の成長によって変わってくるものと実感しています。最近では、一人では実現できない夢と小さな冒険をしながら刺激的な住まい方が出来る、ビレッジを実現してぜひ生活してみたい。
ホノルルマラソンにはじめて行ったときのハワイの印象が忘れられずハワイ好き。食べ物にもちょっとこだわりありだが、理想から離れている。建築設計が仕事、殆ど住宅で冷房なんかしないですむ家がいいと思っている。
 
モリ マサフミ
森 正史

1970年生まれ
ヤナガワ カズオ
柳川 一夫

1954年生まれ
不動産主導大型マンションの建築設計に関わる中、利益最優先・居住者不在・コミュニティー破壊指向の事業プロセスに疑問を抱き、コウハウジング普及運動に賛同。趣味は、サックス演奏。自然資本評価にも興味を持つ。
コウハウジングを実現したくて、そして自分も住みたくて、そんな気持ちが高じて、2000年アメリカ各地のコウハウジングを訪れ、実体験を積んできました。その体験を通じて、自分の願いをさらに強くしています。
 
ヤマモト ノリコ
山本 典子

1949年生まれ
   
北米で14カ所 オランダで4カ所のコウハウジングを回りました。地域と人々に合った暮らし方がコウハウジングでは出来ます。いつもは田園都市線江田駅近くのオーガニックモールで脱化学物質の健康住宅相談をしています。
   
cohousing partners